電話番号
FAX番号
072-751-8001
072-751-4191
〒563-0053 池田市建石町8-47
送迎バスの時刻表はこちら
当院について
 病院長挨拶
 理念・方針
 沿革
 院内のご案内
診療科目のご案内
 診療科目
 外来診療医担当表
 検査設備
 その他診療
  健康診断のご案内
看護部のご案内
 看護部長挨拶
 理念
 基本方針
 教育
各部門のご紹介
 薬剤部
 臨床検査部
 リハビリテーション部
交通・アクセス
 交通
 送迎バス時刻表
職員募集
 医師
 看護師
 その他職種
患者サポート窓口の
  ご案内
関連施設のご案内
介護老人保健施設
  かいせい
・通所リハビリテーション
 (デイケア)のご案内
居宅介護支援センター
  
めぐみ
訪問看護ステーション
  
さくら
訪問介護ステーション
  
ホームケアかいせい


◆ 外科診療のご案内 ◆
 池田回生病院 外科は、病院長を筆頭に3人の外科医が勤務しており、消化器外科を中心に緊急手術にも対応した体制を整えております。
 甲状腺・乳腺、食道・胃・大腸、肝・胆・膵の悪性疾患に対する外科治療、あるいは抗癌剤療法も行っています。

1. 腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術


 腹腔とは「おなか」、胸腔とは「むね」を意味しており、お腹を開く開腹手術、胸を開く開胸手術に対して、お腹にカメラを入れて行う手術を腹腔鏡下手術、胸の中にカメラを入れて行う手術を胸腔鏡下手術と言い、カメラを使って行う手術すべてを鏡視下手術と言います。

 鏡視下手術の利点は傷の小ささで、術後の痛みが少なく美容上も傷が目立たないことが多いです。

 当院では、胆石、鼠径ヘルニア、大腸癌を中心に腹腔鏡を用いた手術を行っております。また自然気胸などの疾患にも適応に応じて鏡視下での手術を行っております。




2.鼠径ヘルニア手術

 「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態を言います。鼠径ヘルニアとは一般には「脱腸」と呼ばれている病気で「恥ずかしい病気」のイメージがあり、受診を渋っておられる方もかなり多いようですが、成人の鼠径ヘルニアは、加齢のために体の組織が弱くなる事が原因で発生する一般的な病気です。放置すると、腫れが急に硬くなることや、押さえても引っ込まなくなることがあり、これをヘルニアの嵌頓といって、急いで手術をする必要があります。

 成人鼠径ヘルニアには手術以外の治療はありません。さまざまな手術方法がありますが、いずれの手術でも人工補強材を用いてヘルニアを修復することが基本です。

 当院では腹腔鏡を用いた鼠径ヘルニア根治術を積極的に行っております。腹腔鏡手術とは、お腹に5o〜10o程度の小さな穴を3〜4個あけて行う手術法で従来の手術と比べて痛みが少なく、体への負担も少ない手術方法です。

 また、以前に腹部の手術を受けられている方等で腹腔鏡手術を受けていただけない患者様にも、平坦な補強材を使用した手術方法(クーゲル法)などを選択し、術後の疼痛、違和感などの軽減に努めております。

 いずれの手術でも手術後は早期の離床が可能です。手術当日に入院していただき、術後は傷の状態、疼痛の状態により早期退院も可能です。退院日はご希望によりますが手術翌日までに退院される方がほとんどです。



3.下肢静脈瘤治療

 静脈には血液が重力に負けて逆流しないように弁が付いていますが、この逆流防止弁は足の付け根や膝の裏などの静脈の合流部で壊れやすく、そのため血液の逆流やうっ滞がおこり、静脈が瘤(こぶ)のように膨らみ変形するのが下肢静脈瘤という病気です。

 症状は足がつる、むくむ、疲れやすい、皮膚が変色した、痒い等があり、重症の場合は皮膚の潰瘍にもなります。

 当院では保存療法(圧迫療法)のほか、硬化療法や手術療法も取り入れております。
 硬化療法のみの場合は日帰りでの治療が可能です。また、手術療法(ストリッピング手術)の場合は1日の入院でお帰りいただく事が可能です。(2日となる場合もございます。)

 治療法の選択はドップラー検査や静脈造影により行います。

   


内視鏡検査・治療についてのご案内は こちらへ


Copyright (C) 2000  Ikeda Kaisei Hospital. All rights reserved.

回 池田回生病院